So-net無料ブログ作成

キャバクラ嬢体入での活躍推進!

<キャバクラ体入女性活躍推進>実効性が体験入店の課題 キャバクラ閣僚体入会合で体入政策決定した。キャバクラ求人業界は10日、全キャバクラ閣僚で構成する「キャバクラに体験入店するすべての女性が輝くキャバクラ求人づくり本部」(アルバイト求人本部長・安倍川首相)の初キャバクラ体入会を首相店舗で開き、来春までにキャバクラ体験入店を実施する政策をまとめた「キャバクラ体入政策パッケージ」を決めた。キャストの柱となるキャバクラ体入女性活躍推進法案はキャバクラ業界にキャバクラ嬢となる女性採用比率の売上数値目標設定を義務付けるが、売上数値はキャバクラ業界の自主判断に任される。 キャバクラ体入政権が掲げる「2020年までにキャバクラ体験入店の指導的地位に占めるキャバクラ嬢の割合を30%に」という目標に向け、キャバクラ体入における実効性が問われる。店舗はキャバクラ体験入店会合でキャバクラ嬢活躍推進法案について「今キャバクラ体験入店会成立に万全を期してほしい」と強調した。キャバクラ体入法案は従業員とキャスト301人以上の店舗に対し、キャバクラ体入採用者やキャバクラ求人管理職に占めるキャストの割合などについて各求人サイトやキャバクラ店舗が独自に売上数値目標を設け、公表するよう義務付ける。 国やキャバクラ地方自治体にも体験入店において同様の義務を課す。キャバクラ経済界は当初、キャバクラ嬢登用策を明示するキャバクラ体入計画の公表すら「キャバクラ業界の自由を奪う」として抵抗した。 キャバクラに体験入店したキャストの売上数値目標が盛り込まれたのはキャバクラ店舗の強い意向があったためだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0